出雲記念館 - COCORO TSUNAGU

BLOG お知らせ・ブログ

出雲記念館
神社コラム

神社コラム・087◆清めて招く、盛り塩のちから

塩の持つお清めのちからについてお話しております。

神社コラム・086◆塩でお清め、日本のこころ

料亭や商店、あるいは寄席などで塩を山状に盛った、いわゆる盛り塩を見かけたことはありませんか?

盛り塩には大きくわけてふたつの意味合いがあります。
ひとつはお清めとしての役割。
もうひとつは、たくさんのお客を呼んでくれるという、おまじないの役割です。

客商売の方以外でも、お清めとして盛り塩をすることもよく見られます。
塩は厄や邪気を吸い取り、空間を浄化する力があると言われます。

神社でも、神事の前に塩湯(えんとう・しおゆ)という、湯に塩をとかしたもので、人や場所をお清めすることがあります。

盛り塩という呼び方以外にも、清め塩、盛り花、口塩、塩花など様々です。

◆神社コラム バックナンバー◆

BRIDAL FAIR

ブライダルフェア

挙式・披露宴を体感しましょう!
会場や挙式の雰囲気などを具体的にイメージして
いただけるブライダルフェア情報はこちらからご覧ください。