出雲記念館 - COCORO TSUNAGU

BLOG お知らせ・ブログ

出雲記念館
神社コラム

神社コラム・15◆お守りには期限がある?

「お守りは毎年替えるものです」と言うと、驚かれる方と、
それは当然でしょ? という顔をされる方とに分かれます。
今回はその話をさせていただきましょう。

一般に、お家の神棚のお札は、毎年新年に新しいものに取り替えます。
それと同じように、お守りも一年に一度(特に新年を目安として)、
新しいものをお持ちいただくと良いでしょう。

神社コラム・13で、お守りの中には神様のお札が入っていることを
お話しましたが、このお札も神棚のお札も、形が違うだけの同じものです。
それが理解できると、毎年お守りを替えることもなんとなく納得できるのでは
ないでしょうか。

またお守りは、「守り」という名前のとおり、本人の代わりに厄災を
引き受け、持ち主の身を守るとされています。
一年で効果がなくなるというわけではありませんが、一年間お持ちいただいた
お守りは神社にお返しして、新しいものにすると良いかと思います。

attachment015_1

合格祈願や安産祈願のお守りは、お願いが叶った(「満願」といいます)
時を目安として、神社へお返し下さい。
すぐに神社へ行けないという場合は、お礼参りや初詣の際に、ついでに
お持ちいただければ結構です。

また、神社によっては郵送のお返しを受け付けている所もありますので、
ご希望の場合は神社に問い合わせてみられると良いでしょう。
(出雲大社福井分院でも受け付けをしております)

お返しいただいたお守りは、新年のどんど焼き(左義長)や、焚き上げ所で
神主がお祓いし、お焚き上げさせていただきます。

お守りは受けられた神社にお返しするのが一番ですが、遠方で足を運ぶのが
難しいという場合などは、お近くの神社にお返しいただいても構いません。

attachment015_2

授与品 | 出雲大社福井分院

◆神社コラム バックナンバー◆

神社コラム・13◆あらためて考える「お守りって、なに?」
神社コラム・14◆お守りに関するあれこれ

BRIDAL FAIR

ブライダルフェア

挙式・披露宴を体感しましょう!
会場や挙式の雰囲気などを具体的にイメージして
いただけるブライダルフェア情報はこちらからご覧ください。