出雲記念館 - COCORO TSUNAGU

BLOG お知らせ・ブログ

出雲記念館
神社コラム

神社コラム・043◆伝統のスタイル・巫女装束

巫女さんの格好というと、どのようなものが思い浮かびますか?黒い髪、白い着物、赤い袴(はかま)…などが一般的なイメージではないでしょうか。今回は巫女の装束についてのおはなしです。こちらの記事もあわせてご覧ください。〇神社コラム・040◆神社の顔・巫女さんのおはなし〇神社コラム・041◆巫女さんの一日をのぞいてみよう〇神社コラム・042◆巫女さんに話をきいてみよう【インタビュー】巫女が身に付けるものを、まとめて「巫女装束(みこしょうぞく)」と呼びます。実は巫女装束についてはこれと言った決まりはなく、神社ごとにそれぞれのルールで装束を定めています。ですが最も一般的なのは、こうした白衣(はくい)と緋袴(ひばかま)をまとった姿でしょう。attachment043_1白衣は小袖(こそで)とも呼ばれ、現在の着物の原型となったものです。平安時代の貴族は袖の大きな大袖(おおそで)と呼ばれる着物をまとっていたのに対し、庶民が着ていた袖の小さな着物が小袖と呼ばれていました。巫女の袴は行灯袴(あんどんばかま)と呼ばれるスカート状のものが一般的です。巫女といえば緋色(ひいろ・赤のような色)の袴というイメージが強いですが、神社によっては別の色を用いているところもあります。また、巫女を引退して事務員として神社に残る場合は緑の袴を、神葬祭(しんそうさい・神社でのお葬式)などに関わる場合は鈍色(にびいろ・ねずみ色に近い色)の袴をはく場合もあります。attachment043_2結婚式やお祭りの際は、こうした装束の上に千早(ちはや)と呼ばれる、華やかな模様の入った上着を重ねます。白衣と違って前方が開いており、白衣の上からゆったりと羽織り、前方を飾り紐で結びます。一般にやや透き通る程度の薄手のものが多いですが、神社によっては重ねを用いるところもあります。また千早をまとう際は、天冠(てんかん)と呼ばれる金の額あてを身に付けます。天冠とは冠(かんむり)が変形したもので、もとは高貴な人が身分を示すために用いるものでした。桃の節句にかざるひな人形のおひなさまが付けているのも、この天冠です。attachment043_3なお、これら巫女装束を扱う際によく言われるのが、「一、投げるな」「二、置くな」「三、またぐな」の三原則です。脱いだら脱ぎっぱなしせずキチンとたたんで丁寧に扱え、ということですね。巫女さんの心配りと神様を重んじる心は、こういった装束の扱いからも育まれるのではないでしょうか。●ただいま出雲大社では巫女のアルバイトを募集しています。 興味のある方は、出雲大社福井分院へお問い合わせください。 ℡.0776-35-1187 (担当者・伊藤)出雲大社福井分院ホームページ◆神社コラム◆バックナンバーはこちらをクリックしてください。

BRIDAL FAIR

ブライダルフェア

挙式・披露宴を体感しましょう!
会場や挙式の雰囲気などを具体的にイメージして
いただけるブライダルフェア情報はこちらからご覧ください。