出雲記念館 - COCORO TSUNAGU

BLOG お知らせ・ブログ

出雲記念館

意外と知らないウェデングケーキの話🍰

こんにちは!

プロデュース課の細川です☺️

9月に入り本格的に婚礼シーズン突入です!

新型コロナウイルス対策を行いながら、1組1組のご婚礼を精一杯お手伝いさせていただきます!

 

さて、今回は意外と知られていないウエディングケーキのお話をさせていただきます🎂✨

そもそもウエディングケーキは18世紀に「シュガーケーキ」として登場しました

砂糖などで作ったペーストや砂糖細工でコーティングしたケーキのことです

初めは1段だったのですが、19世紀にイギリスの女王が3段のケーキにしたところから今のようなウェデングケーキができたそうです

ここで、お伝えしておきたいことは3段ケーキには意味があるということです💡!

1番下はゲスト様と一緒に食べるケーキ

真ん中は参列できなかったゲストに配るケーキ

1番上は新郎新婦が記念日に食べたり生まれてきた子供に食べさせるケーキ

シュガーケーキの砂糖は長期保存が効いたためこのような意味が含まれているのだそうです

現代では生クリームが使われているので、そういうわけにはいきませんが、入刀したケーキを後ほどゲストに配るという風習は変わらず残っていますね☺️

 

ケーキデザインのお打ち合わせをしていると、

何がいいかわからない、迷ってしまうと言ったお声を聞きます!わたしは元々見栄えがしたり後ろのゲスト様からもしっかり見える3段ケーキを推していたのですが、この意味を知ってからさらにおすすめしたくなりました♬

 

和風でも洋風でも仕上げる事が出来ますので、おふたりらしいケーキにしてゲスト様に幸せのおすそわけをしましょう♡

 

BRIDAL FAIR

ブライダルフェア

挙式・披露宴を体感しましょう!
会場や挙式の雰囲気などを具体的にイメージして
いただけるブライダルフェア情報はこちらからご覧ください。